菊央雄司地歌の会
地歌箏曲、平家琵琶の世界へようこそ

地歌箏曲・平家琵琶演奏家
菊央雄司
オフィシャルサイト

Kikuo Yuji Official Site

地歌箏曲、平曲奏者の菊央雄司オフィシャルサイトです。

菊央雄司は、地歌・箏曲を中心に、三味線・箏・胡弓・平家琵琶の伝統を継承する演奏家です。
菊央雄司の演奏会情報・活動・プロフィールなど、公式情報を掲載しております。

海外からも高く評価いただき、アジア・ヨーロッパの各国で海外公演も行っております。

お知らせ

2022年12月11日
12月11日「高橋翠秋 胡弓の栞」に出演致します。
2022年9月24日
11月26日「小野真由美 和を奏でる」に出演致します。
2022年8月8日
12月17日 「菊央雄司 第2回 邦楽の調べ」を主催致します。

菊央雄司からのごあいさつ

 新年のご挨拶

 新年明けましておめでとう御座います。

 昨年は「邦楽ジャーナル」の一月号の表紙を飾るとういう栄誉を賜りました。この業界誌は私が学生時代から、さまざまな記事で勉強させて頂いた雑誌です。さらに私が生業としている大坂地歌・大阪の古生田流箏曲・大坂系胡弓・平家について「浪花十二月」と「ゆき」を取り上げ、一年間、寄稿させていただきました。地歌が最盛期だった頃の大坂の風土を学び直す機会となり、これまで以上に歌詞や文言の理解が深まり、大変有り難い経験となりました。

 コロナ前と比べて、舞台での演奏機会が少なくなりましたが、一つ一つの舞台に向き合う時間が増えたことで、学びが多くありました。中でも、10月に参加させていただいた、「邦楽器とともに」ではクラシックの殿堂である東京文化会館の舞台で、邦楽の歌手として声楽の方々とご一緒させて頂き、改めて歌や発声、体の使い方について考える機会となりました。自分がいつも平家や地歌の演奏で大切にしている侘び寂びや淡さ、妙味が邦楽的、日本的な特徴であると再確認できました。また、本年一月八日から放映されているNHK「わげもん」では「おちょやん」に引き続き三味線の指導に関わらせて頂きました。普段とは異なる現場はワクワクする体験でした。

 今年はウィルスも収束し、舞台での演奏も増えてくるのではなかと思っています。私は昨年までの学びから、地歌箏曲ならびに平家琵琶が、当道の盲人伝承ではどうであったか、そしてそれを育んだ風土風習はどうであったか、年配の先生方にきける最終段階に来ていると感じています。

 菊原琴治や初子師や伝えてくれた大坂の芸を次世代へ残せるように、臥薪嘗胆、焦らず芸を深めていく一年にしたいと思っております。

 華々しく目立ったことはないかもしれませんが、末永く応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

                                   令和四年一月   

公演・演奏会について

お知らせ

2022/10/10
12月11日「高橋翠秋 胡弓の栞」に出演致します。
2022/09/24
11月26日「小野真由美 和を奏でる」に出演致します。
2022/08/08
12月17日「菊央雄司 第2回  邦楽の調べ」を主催致します。